スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマネスコとなすのタリアテッレ

3月25日発売の ROSALBA に掲載された

ロマネスコとなすのタリアテッレのレシピです。

ロマネスコ


材料:(2人分)

A:トマトソース
  トマト  大3個
  バジリコ 8枚
  オレガノ(ドライ) 小さじ1
  エクストラ・バージン・オリーブオイル  大さじ4
  塩    適量
  胡椒   適量
  にんにく 一片


ロマネスコ    1/2株
にんにく     1片
アンチョビー   1枚
べいなす      小1個
たまねぎ     1/8個
ローズマリー   1枝
エクストラ・バージン・オリーブオイル 大さじ5                    
塩  適量
こしょう 適量
白ワイン 80ml

パルメザンチーズ  100g

タリアテッレ     140g


作り方:

① Aの材料でトマトソースを作る。
  トマトは、湯むきし、輪切りにして、へたと種を取り除き、バジリコ5枚、
  オリーブオイル大さじ2、塩、こしょうと一緒にフードプロセッサーにかける。

② 鍋に、オリーブオイルとにんにくを入れ、火にかけにんにくが色づいたら
  取り出し、トマトを加えて弱火で煮詰める。

③ オレガノを加え、味をみて、必要なら塩・こしょうする。

④ 火を止めてから、バジリコ3枚を入れて、そのまま香りを移す。
  トマトソースの出来上がり。

⑤ パルメザンチーズはすりおろし、半量をテフロンのフライパンに敷き詰め、
  チーズが溶けたら、そっとはがして、ひっくり返したボウルの底などに
  乗せて、器の形にする。同様にしてもう1枚作る。

⑥ ロマネスコは、小房に分け、下茹でする。(レンジ可)

⑦ フライパンに、オリーブオイル大さじ2、にんにく、アンチョビーを入れ、
  火にかける。

⑧ にんにくは色づいたら取り出し、アンチョビーは、オイルで溶かすように
  炒める。

⑨ ロマネスコを加えて炒め、かるく塩・こしょうし、強火にして
  白ワイン50mlを加え、弱火にして3分程煮る。
  その際、水分を残す様に仕上げる事。

⑩ べいなすは1cm角に切り薄い塩水につけてアクを抜く、
  たまねぎはみじん切りにする。

⑪ 別のフライパンに、オリーブオイル大さじ3とローズマリーを入れて火にかけ、
  ローズマリーの香りが出たら取り出す。

⑫ たまねぎを透き通るまで炒め、さらになすを加えて炒め、塩・こしょうする。

⑬ 白ワイン30mlを入れて、弱火にし、トマトソース大さじ5程加えて煮る。

⑭ ロマネスコを汁ごと加えて混ぜ、少し煮る。

⑮ 少し硬めに茹でたタリアテッレを加え、トマトソース(最後に上からかける分は
  残しておく)を加え、火にかけながら和える。その際、必要ならば、
  パスタの茹で汁を少々加えて濃度を調整する。

⑯ パルメザンチーズの器に、パスタを盛り付け、トマトソースを上からかけ、
  最後にバジリコの葉を飾る。


スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

菊地オロンディーニとしみ

Author:菊地オロンディーニとしみ
07年10月末に15年間住んだイタリアから帰って来ました♪
現在は、東京で、イタリア人の夫と7歳の息子の三人暮らしです。
自宅でイタリア料理&ワインのお教室
「LA CUCINETTA D'ORO」
(ラ・クチネッタ・ドーロ)を主宰しています。
イタリア料理やワインだけでなく、
グルメな話題やイベント、
スローフード、食育、ハーブ、
お茶・・・からキッチンやテーブル
回りの小物に至るまで、
食に関する事全般に興味があります。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle人気レシピ記事sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。